WordPressテーマ「CUBEY (tcd023)」
 

ビジュアルエディタの装飾種類を増やすプラグイン「TinyMCE Advanced」

WordPressプラグインTinyMCEAdvanced

WordPressのでドルとのビジュアルエディタでは、文字装飾で出来る事が限られています。

そこで文字装飾を沢山増やす便利なプラグインに「TinyMCE Advanced」があります。インストールするだけで簡単に使えるので、インストールしておくことを勧めます。

TinyMCE Advancedの使い方

TinyMCE Advanced使い方

ダッシュボード→ プラグイン → 新規追加でTinyMCE Advancedをインストールして有効化します。

その後、設定→ TinyMCE Advancedを選択すると上記画面が現われます。



上の項目がビジュアルエディタで現在使える文字装飾、下の項目が追加できる文字装飾機能です。追加したいウィジェットをドラッグ&ドロップで入れ替えるだけの簡単設定です。

設定が終わったら「Save changes」を忘れずに。

その他の設定

TinyMCE Advanced追加設定
TinyMCE Advancedの設定画面下部では細かい設定が出来ます。多分使っている人はほとんどいないと思いますが、一応説明だけしておきます。

Advanced Images

CSSを挿入、画像を細かく設定することができるようにする。

Advanced List Options

通常のリストや番号リスト使用時に、list-style-typeを指定可能にする。

Context Menu

右クリックメニューから、ビジュアルモードの機能を使用可能にする。

Advanced Link

リンクボタン使用時に、aタグへの属性付加、JavaScript挿入が出来るようになる。

Hide all CSS classes in the editor menus.

スタイルのドロップダウンメニューを無効にする。

Stop removing the and tags when saving and show them in the HTML editor

ビジュアルエディタで自動的に削除されるpタグとbrタグを削除されないようにする。

以上、WordPressプラグインのTinyMCE Advanced使い方説明でした。

Pocket

WordPressテーマ「CUBEY (tcd023)」 
 

Sponsored Link

WordPressテーマ「BlogPress (TCD010)」

コメントを残す

このページの先頭へ