WordPressテーマ「CUBEY (tcd023)」
 

【賢威6.1】All in One SEO Packを使う時の注目カスタマイズ

賢威AllinOneSEOPack設定

賢威6.1でワードプレスプラグインのAll in One SEO Packを使っている人はなるべくやっておくことがあります。

賢威6.1ではMetaデスクリプションが自動で生成されますが、All in One SEO Packのプラグインを入れてMeta文章を記述することで、賢威のMetaデスクリプションが重複して出力されてしまいます。

賢威6.1metaデスクリプション重複

ただAll in One SEO Packを入れた状態だと、ソースに2か所のMetaデスクリプションが出力されてしまいます。これはSEO上よろしくないので、カスタマイズして賢威側のMetaデスクリプション出力を消します。

出力の削除方法は、賢威6.0と6.1でやり方が違います。

賢威6.0Metaデスクリプション出力の削除方法

ダッシュボードより、「外観」→「テーマ編集」→「ヘッダー(header.php)」を選択

以下の記述を削除します。

<meta name="description" content="<?php description_keni(); ?>" />

変更を保存してカスタマイズは完了です。

賢威6.1Metaデスクリプション出力の削除方法

賢威6.1Metadescription削除

先に紹介した賢威6.0の方法を行っても良いですが、6.1の場合は賢威の設置から「メタキーワード・メタディスクリプションの表示」を無効にするだけです。

そのかわり、メタキーワードの出力も一緒に解除されてしまいます。

賢威で自動生成されるMetaデスクリプション

賢威6.1では基本的にMetaデスクリプションが記事の頭から50文字程度抜き出されて自動生成されます。しかし、Metaデスクリプションを自分で書きたいという人は、以下の方法を行いましょう。

賢威表示オプション
「新規投稿」の画面一番右上の「表示オプション」をクリックすると、表示する項目のオプションを選択出来ます。

そこで「抜粋」にチェックを入れましょう。

賢威6.1抜粋項目表示

すると記事投稿画面の下部に、抜粋欄が現われます。ここに文章を記述すると賢威のMetaディスクリプション自動生成が無効になり、抜粋部分に書いた文章全てががMetaデスクリプションとして出力されます。

結論

ということで、賢威6.1を使用するにあたりMetaディスクリプション、メタキーワードに気を配るだけであれば、All in One SEO Packを使用する必要はありません。

ただし、サイトタイトルと表示タイトルの切り替え、タイトルフォーマット等を利用したい場合はAll in One SEO Packを利用するメリットがあります。

私ですか?私はAll in oneプラグイン派です。なぜなら、このブログを同じテンプレートでずっと使い続ける保証は無いからです。

Pocket

WordPressテーマ「CUBEY (tcd023)」 
 

Sponsored Link

WordPressテーマ「BlogPress (TCD010)」

One Response to “【賢威6.1】All in One SEO Packを使う時の注目カスタマイズ”

コメントを残す

このページの先頭へ