WordPressテーマ「CUBEY (tcd023)」
 

WordPressの全データバックアップを簡単にするプラグインBackWPup

ワードプレスバックアップBackWPup賢威
Wordpressで作成したサイトやブログのデータ全てを簡単にバックアップするプラグイン「BackWPup」をご紹介します。

WordPressにおいてバックアップは必須

ワードプレスは無料で使用できるうえに、便利なプラグインも沢山あります。

しかし、新バージョンの更新やプラグインをインストールする過程で、プログラムが競合し合ってサイトが表示されなくなったり、レンタルサーバー会社の手違いやサイバー攻撃でデータが消える危険性があります。

手間をかけた作成したサイト・ブログです。バックアップは定期的にしっかり取っておきましょう。

プラグインBackWPupの設定

BackWPup設定方法

WordPressのバックアップではBackWPupというプラグインがよく使用されています。無料版と有料版がありますが、バックアップを取るだけであれば無料版でも十分使用出来ます。

多くのサイトで使用方法が紹介されているので、ここでは細かい説明は抜きにして、全データをバックアップする手順だけ解説します。

BackWPup設定手順

ワードプレスBackWPup設定1
ダッシュボード →プラグイン →新規追加 で、「BackWPup」をインストール&有効化します。



ワードプレスBackWPupの設定2
ダッシュボード横にBackWPupの表示が出るので、Add New Jobをクリック。


General設定

ワードプレスBackWPup設定手順3
最初にGeneral設定を行います。細かい説明は省くので、以下の通り設定しましょう。

  1. バックジョブの名前(何でもOK)
  2. 全部にチェック
  3. バックアップファイル名(頭の部分を変更した方が良い)
  4. Zipにチェック
  5. Dropboxにチェック(デスクトップの場合は「Backup to Folder」へ
  6. メールアドレス記入(バックアップ失敗時の報告のみ)

Schedule設定

ワードプレスBackWPupスケジュール設定

次にバックアップスケジュールの設定です。

  1. with WordPress cron にチェック
  2. ScheduleTypeをbaasicにチェック
  3. バックアップ日時やタイミングを設定
  4. 最後にsave changesする。

毎日更新する人は、毎日バックアップを行うのも有りです。不定期の人はStart jobをmanual onlyにして、更新都度バックアップを取るのでも良いでしょう。

Files設定

ワードプレスBackWPupファイル設定

Files設定では、Backup pluginsにもチェックを入れます。これをチェックしてないと、プラグイン情報データがバックアップされません。

Dropbox設定

ワードプレスBackWPupのdropbox設定

最後にドロップボックス設定です。General設定の部分でフォルダへのバックアップをする人は飛ばしてOKです。

私としてはクラウドのDropboxにデータ保存をしておいた方が安心なので、こちらをお勧めします。設定方法は上記画像を参照ください。

save chengesをクリックして、バックアップの設定は全て完了です。

マニュアルでバックアップする方法

ワードプレスBackWPupマニュアルバックアップ

BackWPupの設定が終わったところで、試しにマニュアルでバックアップしてみましょう。
ダッシュボード →VackWPup →jobs を選択し、「 Run now」をクリック。Schedule設定で日時を直後に設定してもOkです。



BackWPupバックアップ中
バックアップ状況のステータスバーが出現し、100%になれば終了です。



BackWPupがDropboxにセーブされた

Dropboxを見ると、バックアップデータがZipファイルで保存されています。これで安心です。

以上、WordpressプラグインBackWPupで全データのバックアップを取る方法でした。

Pocket

WordPressテーマ「CUBEY (tcd023)」 
 

Sponsored Link

WordPressテーマ「BlogPress (TCD010)」

コメントを残す

このページの先頭へ