WordPressテーマ「CUBEY (tcd023)」
 

賢威のOGP設定方法

賢威で作ったサイトにソーシャルボタンを設置して、Facebookの「イイネ!」を押してもらったとき、その人のタイムラインに表示されるサイトの画像や文章を賢威側でコントロールすることができます。

これをOGP設定といいます。

通常ワードプレスでOGP設定をする場合、WP-OGP等のプラグインを使用しますが、賢威ではプラグイン不要で簡単にOGP設定を行えます。

OGP設定をしていないと、イイネを貰った時にFacebookのタイムライン上に表示される画像が、記事と関係ない過去の画像が表示されたりします。長くブログを運営する場合は、OGP設定をしておきましょう。

賢威OGP設定しない例

賢威のOGP設定方法

賢威の設定 →Facebook を選択します。

賢威Facebook設定

ここでFacebookのOGP設定が出来ます。まずタグの出力を有効にしておきます。

次にOGP設定にはFacebookのappIDと管理者IDが必要になります。
Facebookのアカウントログイン後、Facebook Developersにアクセスします。

賢威OGP設定方法2

「Apps」を選択します。

賢威OGP設定新しいアプリ

「新しいアプリを作成」を選択。

賢威OGP設定3

アプリ名とアプリの名前空間を入力します。適当な文字列でOKです。カテゴリも何でもOKです。

賢威OGP設定AppsID

続行を押して、勧めると、AppIDが発行されます。Facebook Developersのトップページに戻り、「Apps」クリックすると見ることが出来ます。

このIDは、賢威のFacebook設定の「App ID」に入力します。

次にFacebookデベロッパーのトップ画面に戻り、Appsをクリック。「アプリを編集」をクリック

賢威FacebookOGP設定

Sandbox Modeの欄を無効にしてください。

賢威OGP設定5

さらにその下部、「Facebookでログインが可能なウェブサイト」に、サイトのトップページURLを記入して保存します。

Facebook側の設定はこれで終わりです。

次に管理者IDを確認

賢威OGP設定確認

管理者IDの確認は、自分のFacebookプロフィールの写真をクリックします。

賢威OGP設定管理者ID

するとURL部分に管理者IDが表示されます。ドットと、「&type」で囲まれた数字が管理者IDです。この数字をコピペして、賢威の管理者ID欄に貼り付けましょう。

変更を保存して、OGP設定がうまくいっているか確認します。

OGP設定をデバックで確認する

Faccebookデバッグツールを開いて、自サイトのURLを記入し、デバックボタンをクリックします。

賢威OGP設定デバック

上手くOGP設定が出来ていれば、エラー表示されることなく上記の画像のようなページが表示されます。

これで自分のサイトでイイネを貰った時に、Facebook上で文章や画像が正しく表示されます。

なお、賢威のOGPでは画像が2種類出力されます。1つはアイキャッチ画像、もう1つは賢威の設定⇒Facebook設定でアップロードした画像です。カスタマイズでどちらか一方にすることも出来ます。

フェイスブックOGP設定で画像出力を1種類にする方法

以上、賢威のOGP設定方法でした。

Pocket

WordPressテーマ「CUBEY (tcd023)」 
 

Sponsored Link

WordPressテーマ「BlogPress (TCD010)」

コメントを残す

このページの先頭へ