WordPressテーマ「CUBEY (tcd023)」
 

WordPressで画像の挿入・表示方法

賢威WordPresss画像挿入方法

WordPressでの画像挿入・表示方法を説明します。
記事投稿画面のタイトル下に「メディアの追加」ボタンがあります。ここから画像の挿入・表示・編集・画像のURLを取得出来ます。

WordPress画像挿入方法1
右のスペースに、画像をドラッグ&ドロップすることで画像の挿入が出来ます。


altタグ(代替テキスト)を必ず書いて表示位置を指定

WordPress画像挿入altタグ設定画像をドラッグ&ドロップすると、画像の詳細設定画面が表示されます。

代替テキスト(画像の説明)は必ず書いてください。検索エンジンがどんな画像が挿入されているかを判断する、SEOで大切な要素です。

タイトルは画像のタイトルで、デフォルトではファイル名が入りますのでこのままでOK。

説明の部分は、後で自分や他の編集者が「どういう画像か」を判別する目的で記入するものです。SEO上意味はありません。私は空欄のままです。

最後にキャプションですが、この欄に文字を書くと、

賢威画像2

このように画像の真下に書いた文字が挿入されます。
画像の出典元等を記載する場合に使用しますが、通常は空欄のままでOKです。

画像の表示位置

添付ファイルの表示設定」で、画像の右寄せ、左寄せ、中央寄せ等を選択することができます。

    • なし

WordPress画像位置なし

WordPress画像左寄せ

    • 中央

WordPress画像中央寄せ

WordPress画像右寄せ

リンク先とサイズ

画像サイズは、ダッシュボード →設定 →メディアの部分で設定した画像サイズである、「サムネイル・中・大」のいずれかを選択出来ます。

リンク先を「メディアファイル」にしておくと、記事を読んだ時に画像がクリック出来て、元のサイズの画像を表示出来るようになります。大きくてはまりきらない画像を挿入したい場合に利用します。

以上の記述が終わったら「投稿に挿入」ボタンをクリックすると、記事内に画像が挿入されます。

ビジュアルエディターでの画像編集・設定

WordPressビジュアルエディタ画像編集
ビジュアルエディタ上で画像をクリックすると、画像の表示位置や画像の大きさをパーセンテージで編集出来ます。



WordPress画像挿入設定2
詳細設定のタブをクリックすると、画像のサイズを指定出来ます。

画像のプロパティで「枠線」というものがあります。ここに記入した数字分のピクセル枠が自動で画像に付加します。

WordPress画像挿入枠線入り

「1」と記入した例です。
背景が白、画像も白の場合の境界線として利用出来ます。

基本は代替テキストと表示位置の指定だけでOK

WordPressの画像挿入を詳しく説明してきましたが、基本は画像をドラッグ&ドロップして、代替テキストと表示位置の指定をすることで事足ります。

大切なことなのでもう1度書きますが、代替テキストは必ず書きましょう。

Pocket

WordPressテーマ「CUBEY (tcd023)」 
 

Sponsored Link

WordPressテーマ「BlogPress (TCD010)」

コメントを残す

このページの先頭へ