WordPressテーマ「CUBEY (tcd023)」
 

WordPressで人気記事を表示するプラグインPopular Postsの使い方

WordPress PopularPostsWordPressにサイトやブログの人気記事を自動表示するには、プラグイン「Popular Posts」が便利です。

設定方法と効果的な使い方をご紹介します。


Popular Postsの表示例

↑Popular Postsの表示例です。ブログの閲覧数を自動カウントして、サイドバー等に人気記事を表示してくれるというものです。

ブロガーの多くが使っているプラグインですね。

WordPress Popular Postsの使い方

Popular Postインストール

ダッシュボード → プラグイン →新規追加で「Popular Posts」を検索。
インストール&有効化します。


Popular Posts設定方法

設定 →WordPress Popular Postsを開くと、デフォルトの設定を行えます。メインはウィジェットでも設定できるので、ここは飛ばしてもOKです。

設定項目は主に3つ。ここでは投稿タイプについてだけ説明します。
投稿記事、固定ページの表示設定をここで行います。違いは以下の通り。

  • post・・・投稿記事
  • page・・・固定ページ

ウィジェット側の設定

Popular Postsのほとんどの設定は、ウィジェット側で行います。
ダッシュボード →外観 →ウィジェットを選択。

Popular Postsウィジェット設定

「WordPress Popular Posts」ウィジェットを、サイドバーへドラッグ&ドロップします。これでサイドバー内で人気記事が自動表示されるようになります。

ここから大事・細かい設定

Popular Posts設定2

ウィジェットを開くと、細かい設定が出来ます。ここは説明不要ですよね。書いてるとおりです。


Popular Posts設定3

投稿タイプは先ほど説明したとおり。もう1度違いを記載しておきます。

  • post・・・投稿記事
  • page・・・固定ページ

省きたい投稿記事があれば、記事IDを書きます。記事IDは、記事編集画面に表示されるURL部分に「post=xxx(x部分は数字)」と記載されています。その数字を書きましょう。カテゴリIDの場合は、カテゴリ編集画面のURL上の「tag_ID=xxx」の部分です。


PopularPosts設定4

サムネイル表示設定と、統計設定です。ここも書いてるとおりですが、表示例をいくつか貼り付けておきます。

【サムネイル無し】

PopularPostsサムネイル無し

タイトルだけがシンプルに表示されます。

【サムネイル有り】

Popular Postsサムネイルあり

サムネイルがある方が最近は一般的です。視認性が良いのでイメージしやすく、クリック率も向上するそうです。

【閲覧数・カテゴリ表示】

PopularPosts表示例2

カテゴリのクリック率が期待できるかもしれません。

【抜粋文表示】

PopularPosts抜粋表示

サムネイルを大きくし、抜粋文を表示してみました。文字数とサムネイル画像の大きさを細かく調整する必要はあります。

ちなみに記事ごとの下線はカスタマイズで挿入しています。タイトル文字もbタグを入れてます。

HTMLマークアップ設定

PopularPostsマークアップ

最後にHTMLマークアップ設定。スタイルシートを弄りたくない人は、ここでも簡単なカスタマイズが出来ます。

ただし使っているテンプレートテーマによっては、スタイルが大きく崩れてしまう場合があります。私はスタイルシートをカスタマイズする方が好みです。

以上、WordPressで人気記事を表示するプラグインPopular Postsの使い方でした。

Pocket

WordPressテーマ「CUBEY (tcd023)」 
 

Sponsored Link

WordPressテーマ「BlogPress (TCD010)」

コメントを残す

このページの先頭へ