WordPressテーマ「CUBEY (tcd023)」
 

【賢威6.1】All in One SEO Packを使う時の注意点まとめ

賢威i-all-in-one-seo-pack

賢威6.1でWordPressプラグイン「All in One SEO Pack」を利用している人も多いと思います。

しかし注意して利用しないと、賢威側でもmetaキーワードやディスクリプションが出力されるので、プラグインのものと2重に出力されてしまいます。

今回は備忘録として、賢威6.1でAll in One SEO Pack(以下SEO-Pack)を上手に利用する注意点をまとめておきます。

メタディスクリプションは重複する

賢威6.1metaデスクリプション重複

賢威6.1のデフォルト設定では、賢威とSEO-Packのメタディスクリプションが2つ出力されてしまいます。

これを回避する為に、賢威テンプレートをカスタマイズするか、賢威の設定で「メタキーワード・メタディスクリプションの表示」を無効にしておくと良いです。

【賢威6.1】All in One SEO Packを使う時の注目カスタマイズ

メタキーワードも重複する

賢威6.1SEO-Pack設定

賢威6.1メタディスクリプション設定

デフォルトではメタキーワードも重複してしまうので、賢威側かSEO-Packどちらかの出力を切る必要がある。

賢威側ではカテゴリネームとタグがメタキーワードとして自動出力される。SEO-Pack側では、カテゴリ、タグ、デフォルト設定等自由に選ぶことが出来ます。

どちらにせよ、Googleはメタキーワードを見ていないので、この処理はどちらでも良いと思います。でも、タグの重複出力はマイナス要素になる可能性があります。どっちか一つに統一しておくと良いです。

SEO-Packはデフォルトだとカテゴリがnoindex

賢威Allinoneseopackカテゴリnoindex

SEO-Packデフォルト設定はカテゴリがnoindexになっています。賢威のデフォルト仕様ではindexになっていることから、カテゴリをindexさせることを推奨しているものと思われます。

よってSEO-Pack側のカテゴリのnoindexのチェックは外しておくことをお勧めします。

タイトルタグの注意点

賢威SEOタイトル2

賢威SEOタイトル

SEO-Packを利用すると、賢威の設定で書いたサブタイトルがパイプを挟んで自動挿入されます。

また、投稿記事や固定ページには、記事タイトルの後ろにサイト名が自動挿入されます。

賢威SEOタイトル3

賢威SEOタイトル設定

この設定をどう捉えるかは、制作者の考え方やキーワード戦略にもよります。SEO-Packの設定でこの自動書き換えを変えたり、オフにすることも出来るので、適宜利用すると良いです。

注意点としては、サブタイトルが長いとサイト名も長くなり、キーワードも多く詰め込まれてキーワード力の分散に繋がります。サイトにもよりますが、サイト名とサブタイトルはよく考えましょう。サイト名が長くなる場合は、SEO-Packの投稿タイトルを短縮する方法もあります。

賢威SEOタイトル設定2

賢威6.1でAll in One SEO Packを使う時は、以上の点に注意をすればタグの重複、予期せぬnoindex等が防止出来ます。

今回は思いつく限り書きましたが、気付いた点があれば追記していきます。

Pocket

WordPressテーマ「CUBEY (tcd023)」 
 

Sponsored Link

WordPressテーマ「BlogPress (TCD010)」

コメントを残す

このページの先頭へ