「Google」タグの記事一覧

レスポンシブウェブデザインのメリットとデメリット

賢威6レスポンシブウェブ設定利用

レスポンシブウェブデザインとは、いろんな端末のディスプレイサイズに、サイトの画像やレイアウト等の配置や大きさが自動調節されるものです。ですが、メリットだけでなくデメリットもあります。

今回はレスポンシブウェブデザインのメリット・デメリットについてまとめてみます。

【賢威6.1】canonicalURL設定とは

賢威canonicalURL設定方法3

賢威6.1ではcanonical URLの設定をすることが出来ます。

個別ページのcanonical設定はワードプレスが自動で行ってくれるます。しかし、サイト内に似たようなページが複数ある場合、グーグルはそれらを「なんか変なことしてるんじゃないか」と判断し、要チェックリストに入れます。

賢威でXMLサイトマップ送信する(GoogleXMLsitemaps)

賢威Googleサイトマップ送信

XMLサイトマップは、Webサイトやブログ内ページ内容を送信し、検索に早くヒットさせるために使います。

よく利用されるものはGoogleウェブマスターツールへのサイトマップ送信です。賢威ではバージョンを問わず、プラグインを利用することで簡単にサイトマップ送信をすることが出来ます。

【賢威6.1】YoutubeとGoogleマップのレスポンシブウェブ化方法

賢威Youtubeレスポンシブ化

賢威6.1はレスポンシブWeb対応です。画像の大きさは自動で端末幅に調整されますが、YoutubeやGoogleマップをそのまま埋め込むと、幅の自動調整が行われません。

今回は埋め込み動画や画像のレスポンシブウェブ化の方法を解説します。

【賢威6.1】グーグルウェブマスターツールに登録する方法

賢威グーグルウェブマスターツール登録

賢威6.1でグーグルウェブマスターツールに登録する方法を解説します。

サイト運営上、今や必須と言われています。サイトマップ送信を行う上でも必須です。

必ず登録しておきましょう。

【賢威6.1】グーグルアナリティクス(GoogleAnalytics)を設置する方法

賢威6.1にグーグルアナリティクス設置方法

賢威6.1にグーグルアナリティクス(GoogleAnalytics)を設置する方法です。

1番多く使われているアクセス解析ツールです。ウェブマスターツールと一緒に賢威への設置をお勧めします。

このページの先頭へ